スカシカ -世界一周ハネムーン-

Home> Blog > 2012年3月

おじさん、ありがとう

2012.3.27.ハネムーン47日目.
今日は朝から大忙しです。
前日にお手上げだった、カメラの修理を、チェンマイ空港近くのSONYセンターへ持っていき、そのあとパーイという街へ出発です。
トゥクトゥクを80バーツで捕まえて、宿からSONYセンターまで行きます。

IMG_2973_R.JPG
IMG_2974_R.JPG
一見、これが世界のSONY?!って感じの外観でしたが、もうここしか頼める所はありません。
10時には取りに来て下さいと言われ、カメラを託します。
1時間以上時間があったので、チェンマイに多くあるカフェに行こうかと探しますが、やはり郊外のためかありませんでした。
しかしもうオープンしているタイマッサージ屋さんがありました。
しかし8時半~と書いてあるのに、実際は10時や11時にマッサージ師は来るとのこと。
急いで呼び寄せていました。
10分で来るよと言われ30分近く待たせれます。
マッサージ師にとっては、私たちのような早朝の客は大迷惑だったでしょうが...。
待っている間に話していた男性は、このマッサージ屋さんのオーナーの旦那さんのようで、話を聞くとあのSONYセンターのマネージャーだそうです。
今日はお休みのようで、お店に居たのだそうです。
不思議な縁でした。
1時間の予定が30分しかマッサージができませんでしたが、約束の時間になりカメラを受け取りに行くと、まさかの『NOOOOO~!!!』
どうやらここでは、小さすぎるようで大きなバンコクのSONYへ修理を依頼し、2~3週間もかかるそうです。。。
ヒロアキは落ちこみむ、、、(笑)。
落ちこみヒロアキを慰めながら、急いで宿に戻って、出発の用意をします。
ヒロアキは日本のSONYへ助けを求めていました。

結局日本のSONYからも助けてもらえず、日本で修理をする場合も海外へ輸送などは出来ないと言われてしまったようで、さらに落ち込んでいます。

さあ、気を取り直してチェンマイから3時間の街、パーイへ出発です。
パーイは、バックパッカーの憩いの地のようです。
私たちは翌日にある、パーイから3時間のまちメーホーンソーンの近くのお祭りに行くために寄りました。
パーイまでの3時間のミニバスの旅は、かなりのカーブが連続です。
酔い止めを飲んでいて正解でした。
パーイに着いて旅行会社にお祭りの場所を聞くと、パーイからではプライベートカー(タクシーみたいなもの)でないと行けないようで、メーホーンソーンに行った方が良いと言われました。
急いでメーホーンソーン行のバスを探すと今日はもう終わりと言われました。
このままじゃ、せっかくここまで来たのに祭りが見れない!諦めきれず、次の旅行会社をあたると、親切なおじさんがバスターミナルで交渉してくれました。
しかし、10分前にバスはここを出たところのようです。
さらに交渉してくれ、どうやらバスに待ってもらってるから、そこへ行け!と言っています。
スカシカ夫婦『でも、どうやって行ったら良いの?』
おじさん『おーーーい!(バイクタクシーを呼び寄せる)こいつらをバスを待たせてある所まで連れて行ってくれ~』
バイタク運転手『200バーツだよ!』
スカシカ夫婦『えー!高すぎるよ!おじさん、この人めっちゃ高く言ってるよ~』
おじさん『ゴニョゴニョ(タイ語で不明)』
バイタク運転手『100バーツでいいから、乗りな~』
スカシカ夫婦『まじすかー!ありがとう、おじさーん』
ぶーーーーーーーーん!
バイクで10分くらい、小さなバイクに3人乗りで(タイは何人乗ってもいいそうです)、最後尾のヒロアキのお尻が落ちそうになりながら、なんとか、バスに到着しました!
おじさんに感謝です!
ありがとうございました。
無事に乗れたバスはとてつもなくローカルで、山をいくつも越えて4時間ほどかかってようやくメーホーンソーンに到着しました。

IMG_2977_R.JPGIMG_2988_R.JPGバス代は、1人100バーツ。
宿を見つけ、ようやくほっと一息。
今日はいろいろなことがありました。
でも、とっても楽しい一日でした。

チェンマイカメラ屋さん情報

2012.3.26.ハネムーン46日目.
今日は中国ビザを取りに、チェンマイの中国大使館へ行きました。
ビザを申請する用紙の内容がかなりの量で、用紙を、書くだけで2時間くらいかかりました。
受け取りは4日後です。(お金を払うと当日受け取りもできます。

そのあとは、チェンマイのナイトバザールの開かれる通りにある大きなデパート(PANTIP PLAZA)の1階カメラ屋さんに行きました。
SONYの大きな看板が出ています。
ここは数日前カメラのバッテリーも買ったお店など、いろいろな電化製品のあるお店が集まっています。
バッテリーも日本で買うより安く買えました!
なぜここに来たのかというと、ヒロアキのカメラのセンサーの中にホコリが入ってしまったようで、それをクリーニングしてもらうためでした。
カメラを預けその間にお昼ご飯、その後カフェに行きました。
落ち着くカフェでついつい長居してしまいます。
約束の4時になり、カメラ屋さんに戻ります。
すると...『NOOOO~!』まさかの、ここではクリーニングが出来ないと言われてしまいました。。。
そこで親切なカメラ屋さんの青年に教えてもらった川を越えた先にあるカメラ屋さんへ行きました。
15分程チャリをこいで行くも、SONYセンターじゃないとダメとのことでした。
途中のもう1件のカメラ屋さんでも、ダメでした。
どうやらセンサーの中に問題があるそうです。
仕方なく青年のもとへ戻り、SONYセンターの場所を聞き、翌日朝向かうことにしました。
ここでも、チェンマイの人々の優しさに触れました。
ヒロアキはカメラのことでウズウズし続けていましたが(笑)

心を奪われる

2012.3.24〜25.ハネムーン44〜45日目.今日は待ちに待ったチェンマイトレッキングツアー、一泊二日の旅です。
メンバーはオール欧米人。
日本人はスカシカ夫婦のみ。
全然英語わからーん。。。
まずバタフライファームという観光地に連れていかれ、次にローカルマーケットへ。
ツアーにありがちなとりあえずの観光をすませ、山へ向かいます。
車内でも、英語トークが繰り広げられていますが、日本を出て40日以上たちますが、大半を夫婦で会話してるので、英語力が進歩せず、疎外感を感じました。
山小屋のようなところで、お弁当(タイ風)。

いよいよトレッキングです。

IMG_2664_R.JPGツアーには60歳くらいのおばちゃんも1人で参加していたので、大したことないと、思っていました。

しかし思ってたよりも結構なスピード&結構な山でした。

IMG_2676_R.JPGIMG_2669_R.JPG

IMG_2678_R.JPG
IMG_2689_R.JPG
IMG_2667_R.JPG

きつい〜。
運動不足の私たちにはこたえました。一山登って、降りたところに、人里がありました。
あれ?道が舗装されている。。。

IMG_2696_R.JPGだったら車で来れるんじゃ。
少し残念でした。
そして、到着!
本日のお宿兼エレファントキャンプです。
まず、エレファントトレッキングです。
ぞうさんに乗って、山をお散歩します。
象使いがぞうさんの首辺りに乗って、私たちは背中につけられたイスに座ります。

IMG_2708_R.JPG結構高くて、のんびり歩くぞうさんの背中でとても楽しかったです。
しばらく歩くと、象使いが『背中に乗るか?』的な事を言ってきて、『いいの⁉』と、乗せてもらえました。

IMG_2723_R.JPGぞうさんの皮膚は硬くて分厚くて、毛がチクチクして、ほんのり温かいです。
『わあ〜!!ぞうさんに直乗りしてる〜!!』と大興奮していました。
すると、象使いがぞうさんから降り、なんと私が象使いのポジションに座らされました。
『いいの⁉』

IMG_2724_R.JPG本物の象使いでなくなったことを、ぞうさんはちゃんと理解しているようで、エサをその辺りからむさぼり出したり、ちょっと自由にしだしました。
かわいい!!!!!

IMG_2731_R.JPGしかし、掴まるところはぞうさんのおでこぐらいなので、しっかり掴まっとかないと、危険です。

IMG_2737_R.JPGIMG_2760_R.JPG結局大半の時間をぞうさんに直乗りして楽しめました!
終わったあとも、ぞうさんにいっぱい触れたり、、、とにかく目がかわいいのです。

IMG_2768_R.JPGIMG_2770_R.JPGやめて?って言ってるの(笑)?
動物嫌いのヒロアキの心さえも動かす勢いです。


ぞうさんの鼻はまるで手のようで、器用に草をまとめて、前足で押さえて食べやすいようにちぎって口にいれます。

IMG_2790_R.JPGこんな間近で、観察できることないです。
さらに、バナナを買って、ぞうさんの鼻に手渡し。

IMG_2807_R.JPG渡したあとにお返しのチュー(鼻対ホッペ)をしてくれます!
さらにさらに、口を大きく開けてくれ、ニュルっとした大きな口の中に直接バナナを食べさせてくれました

IMG_2834_R.JPGぞうさんの口のなかは大きな舌の奥に歯があるみたいで、咬まれません。
なんだか、とっても気持ち良い感覚でした。
夜ご飯、キャンプファイヤー、ゲームのあと、山小屋で眠ります。
蚊帳と布団が並ぶ質素なつくりでしたが、こんな山のなかで一晩過ごすなんて貴重な体験でした。

IMG_2843_R.JPGIMG_2846_R.JPG鳥のさえずりと、空の明るさで目が覚めます。
朝ごはんのあと、再びぞうさんとの触れ合い!
ぞうさんの水浴びをいっしょにします。
あんまりキレイな川じゃないけど、裸足に水着で入ってぞうさんもいないのに、みんなで水を掛け合って遊びます。
そこへぞうさん登場!

水をかけてあげると、座ってくれ、さらに気持ち良かったのか、寝転びます。

IMG_2866_R.JPGゴシゴシたわしであらって、バケツでじゃぶじゃぶ水をかけます。
胸キュンです。
そして、またもや象使いが背中に乗りな!と合図をしてくれ、今度は2人で直にぞうさんに乗りました!

IMG_2870_R.JPGどうやらついにぞうさんはヒロアキの心を掴んだようです。
そして、世界一好きな動物に認定されました。
ほんとにほんとにありがとう、ぞうさん。

IMG_2881_R.JPGこのエレファントキャンプは、欧米人のオーナーがとてもよくしてくれました。
ぞうさんとの触れ合いもたくさんさせてくれ、楽しめました。

ぞうさんと、お別れし、次は滝へ。3mくらいの天然のスライダーを楽しみ、

IMG_2921_R.JPGIMG_2922_R.JPG
昼食後ラフティング、竹のイカダで川をくだります。
残念なことは、今の時期は乾季のため水量が少なく川の迫力にかけることと、焼畑の時期で空気が澄んでいないことです。
それ以外は満足でした。
途中アカ族、お金を払うとカレン族(首なが族)の村によります。
どちらも観光客向けでした。
やはり人を見せ物のようにしているのには、抵抗があって、写真は一枚しかとれませんでした。
この子たちは、18歳、20歳でもう結婚しているそうです。
私のことは23歳と言ってくれました(笑)
かわいい女の子でした。
IMG_2931_R.JPG5時すぎにチェンマイに戻ってきます。ツアーはhttp://www.jumbocamp.com/です。
現地の旅行会社で1400バーツ、首なが族の村が追加200バーツでした。
宿に戻り、シャワーを浴びて、さらに出かけます!
サンデーマーケットです!
日曜日に開催される、屋台ご飯やかわいい服や雑貨が並びます。
IMG_2940_R.JPG疲れもあってか、買い物欲が制御できませんでしたが、かなり楽しめます!
チェンマイに行くかたは、日曜日の夜もぜひ日程にいれてください!

二日連続夜行バスに乗るとこうなる。

2012.3.21.ハネムーン41日目.
早朝5時、チェンマイのバスターミナルに到着しました。
さすがに二夜連続夜行バスはキツい...。
辺りが明るくなるまで、ウトウトしてしまいました。
しかし、朝のチェンマイはものすごく寒くて、愛用のユニクロダウンが手放せなかったです。
7時半になって、そろそろ宿に向かうかと重い腰をあげ、バスやソンテオ(安い乗合バスみたいなやつ)を探すかと思いきや、トゥクトゥク(ボラれる)へ向かう私たち。
お金より簡便さを選んでしまいました。
バスターミナルからゲストハウスまで80バーツでした。

まさかのー。
宿のシャッターがしまっている。。。

まだ8時前だからでしょうか。
周りの店もまだ開店していません。
絶望でした。
眠たいし、バックパックはあるし、もう動けない。
仕方なく宿の前で待ちぼうけです。
1時間程して、ガタガタっ!!
シャッターがあきました。
宿の人は快く、すぐに部屋に案内してくれました。
本当に有難かったのに、『センキュー』以外の言葉が出てこなくて悔しかったです。
そして2日ぶりのシャワーと洗濯!!!
来ていた服はめちゃめちゃ汚れていました。



起床15時。。。
泥のように眠ってしまいました。

夜は私の誕生日ディナーで、美味しいと評判のイタリアンレストランへ行きました。

DSC06824_R.JPGパスタカフェ。
日本語メニューもあって、日本人もたくさん来てました。

DSC06813_R.JPG
DSC06815_R.JPG
DSC06817_R.JPG
DSC06822_R.JPG
パスタは期待しすぎていたせいか、まあまあなお味でした。
それでも、初めて誕生日を海外で、しかも世界一周中で過ごせて、一生の記念になりました。
28歳になりました!
これからも皆さんどうぞ見守って居てください。
よろしくお願いします。

いつも、私たちを気にかけてくれてありがとうございます。
世界一周ブログランキングもよろしくお願いします。

念願の...

2012.3.20.ハネムーン40日目.
予定より1時間遅れタイ北部の街スコータイに着きました。
バスターミナルはまだ真っ暗。
ここから、スコータイ遺跡公園に行きます。
ここから14キロほど離れた遺跡公園まではの行き方は、
①トゥクトゥクで150〜200バーツ(高すぎます!)
②ソンテオで1人30バーツ(8時くらいからりしい。)
③チェンマイ行のバスの途中で降ろしてもらう(1人20バーツ)
バスターミナルのインフォメーションで教えてもらい、もちろん③を選択です。
しかし、どうやら乗ってきたバスが遺跡公園を通過してきたようです。バスに乗るときに遺跡公園と伝えるといいみたいです。
遺跡公園に着いて、荷物を預け(というより、置かせてもらい)、自転車をレンタルし、セブンイレブンで朝ごはんを済ませ、遺跡内を廻ります。
まだ7時台なので涼しいです。遺跡巡りはこのくらい涼しくないと自転車はキツイです。
後半バテていました。
それでも、この旅3つ目の世界遺産スコータイを満喫しました。

DSC06549_R.JPG
DSC06642_R.JPG
お坊さんが熱心に写真を撮り続けていた。

DSC06722_R.JPG半日で十分廻りきれました。
スコータイは泊まらずに行くのが良いかと思います!
そして、昼食後バスターミナルへもどり、そこから約1時間のピッサヌロークという街へ。
市内のバス停?のようなところで降り、近くの大きなホテルで荷物だけ預かってもらえるか聞くとなんと、タダ!!
ありがたい〜!
荷物を預け、タイで1番美しい仏像とやらを見に行くことに。
仏像は意外にも普通でしたが、お坊さんが親切でお祓いみたいのをしてくれたり、写真をとってくれたり、しっかりお布施はしてねと言われましたが。

DSC06772_R.JPGしかし、実は1番の仏像はとなりのお寺でした。
どうりで小さいお寺でした。
本物はたくさん人がお参りをしていたり、観光客がチラホラいたり。

DSC06783_R.JPGうーん。仏像の違いは私には分からないな〜。
そして、ピッサヌロークへ来た目的を果たすためにある場所へ。

DSC06794_R.JPGジャーン‼
ミッション:空飛ぶ空心菜をキャッチせよ‼
そうです。以前イッテQで見た、投げた空心菜をキャッチすることができる屋台です。
そこに、挑戦するのはわれらが天理高校野球部OB(軟式)であり、かつて宮古島で1番野球の上手い臨床検査技師、ヒロアキです!
ドキドキ。
あれ?試合が始まるというのに、オーディエンスがいないぞ?
1人少年が応援?に来てくれました。
テレビだとあれだけ盛り上がっていたのに...。
しかし、こちらの不利な状況にも関わらず、スタンバイを要求された!

DSC06797_R.JPGここからは、奇跡の映像をご覧ください。



わーい!見事な角刈り、見事なキャッチです!
盛り上がりは全くなかったけど、カッコ良くキャッチする姿が見れて良かったです!
ピッサヌロークでの目的を無事に果たせました。

DSC06800_R.JPG
そして今晩も夜行バスに乗り、チェンマイを目指します。
ということは、2日連続お風呂入ってない&バスの中!という最悪の状態で迎える28歳の瞬間がやってきます。
さすが!って感じな世界一周中の誕生日を迎えられそうです。
1  2  3  4