スカシカ -世界一周ハネムーン-

Home> Blog > 2012年5月

蘭州で蘭州ラーメンを食らう

2012.5.10.ハネムーン91日目.

朝、蘭州に着きました‼

IMG_3959_RRR.JPGまず宿探し。
お目当ての宿が、あまり良くなく、、。
駅周辺を探すも結構高い。
ちょっと小道に入ったところの若干怪しげな宿に聞いてみると。

駅近で、インターネット付き、シャワー、トイレ付きで98元!
ここに泊まりたい!
しかしパスポートを見せると、『外国人だったの?』というそぶり。
どうやら外国人は泊めれない宿だった様子。
もうバックパック背負って動きたくない!
『お願い泊めて〜!』
すると、1番上の階の一番奥なら公安が来ないからイイよとのこと。

まあ、怪しいが一泊だけなら良いかあと泊まることに。

チェックインを済ませ、駅へ戻ることに。
そうです!明日からのチベットツアーのために、駅でチケットを受け取るのです。

近くの印刷屋さんで、シムズから送られてきたパーミットと電車のチケット番号を印刷してもらいます。

そして、それらとパスポートを提示すると、あら不思議!!!
いつもは戸惑う電車のチケットもあっと言う間にGET!

明日はいよいよラサへ向けて出発です!


さあ蘭州でやりたいことといえば、
①美味しい蘭州ラーメンを食べること!
②黄河を見ること!
それだけだったので、まずラーメン屋を探すことに。
だいぶ彷徨って到着!

食券を買い、お箸をとり、列に並ぶ。

IMG_3967_RRR.JPGIMG_3970_RRR.JPG食券を渡し、ラーメンを受け取り、席につく。

IMG_3972_RRR.JPGいただきまーす!

IMG_3973_RRR.JPGうまーい!スープうまーい!
麺もコシがありまーす!

辛いのいれてもらわなければもっと良かったな。

さあ、お次は街の若い子が飲んでるやつが気になって、飲んでみた。
結構薄味?

IMG_3978_RRR.JPG小豆は美味しい抹茶のフロートでした。

実は宿のインターネットの調子が悪かったので、ネットカフェを探すことに。

お高いが仕方ない...。

しかしネットがサクサク繋がる!


一度退店し、パソコンを持って戻ることに。
結局20時すぎまで、ネットカフェ三昧でした。
(確か張液路の近くでした。本物の猫は居ないのですが、猫カフェみたいな名前のカフェで二階にありました。うろ覚えですみません。)

合間にちょろっと黄河を眺めました。
ちょろっと。

IMG_3979_RRR.JPG明日はいよいよチベットツアーの始まりです。
スーパーで食料を買い込んで、26時間のチベット鉄道に備えました。

〈インフォメーション〉
・蘭州怪しい安宿
蘭州駅を出て右の方へ進み、バス乗り場を右折、次の角を右折すると、左手に見えてきます。

IMG_3961_RRR.JPGIMG_3987_RRR.JPG(布団ぐちゃぐちゃですが...)

宿の人はみんな親切です。
一泊98元ホットシャワー、トイレ付き

・蘭州ラーメンの店
馬子禄牛肉麺館
張液路からこの目立たない看板を右折。

IMG_3975_RRR.JPG右手にあります。
看板も目立たない感じなので私たちは
何回も見落としてしまいました。
IMG_3974_RRR.JPG

シーズン前の莫高窟

2012.5.9.ハネムーン90日目.
今日は朝から洗濯!一回10元!二層式洗濯機だあー!
敦煌で砂まみれになったためか、洗濯の水がめちゃめちゃ汚いので、何回も洗いました。
二層式のほうが汚れがよく落ちるのかな?


さあ、洗濯を干したままチェックアウトします。
今日は莫高窟へ行きます。
敦煌駅の向かいの道を莫高窟方面に進み出すと、辺りにはもう砂漠以外何もありません。
しかも砂嵐になっています。

IMG_3870_RRR.JPG莫高窟へは15分ほどで到着。

IMG_3882_RRR.JPGここも世界遺産です。
スカシカ夫婦12個目の世界遺産!

IMG_3904_RRR.JPGバスの切符売りのおばちゃんは、2時間ごとの帰りのバスの時間を教えてくれました。
さあ、急いで入場口へ!
今日も時間のないスカシカ夫婦。。。
夕方には、敦煌を発たなければならないのです。

外国人はガイドをつけなくてはいけないので、中国人の入場口をさらに奥に進み、受付に声をかけ日本語ガイドさんを待ちます。

ネット情報では、ガイドの時間が決まっているようでしたが、今の時期は観光客がそんなに居ないので、ガイドさんは呼ばれたら来るような感じでした。
それでも、4月までは100元なのに180元というハイシーズンプライス。

中国は自然のものでもないのに、シーズンによって入場料の値段が変わるというシステムが多いです。。。

さあ、いよいよ莫高窟へ。
荷物を預けると聞いていましたが、預けなくていいよと言われました。

莫高窟内は写真撮影が禁止のため、写真はありませんが、10個前後の窟の鍵をガイドさんが持っていてそこへ連れて行って案内してくれます。

約1時間ほどで9箇所回りました。
いろんな年代の壁画や仏像を見るので歴史の知識がない私は頭がこんがりました(笑)

もっと知識があったら良かったです...。
それでも、大昔の物がこんなに残っているなんて。
何百年もここに仏像を作り続けていたなんて。
時代の影響を受けて、変わっていくカタチ、しかし仏像を作り続けることは変わらない。
なんだかタイムスリップしたようでした。

併設された、博物館では窟のレプリカや色の作り方など説明が詳しくありました、が!

IMG_3906_RRR.JPGIMG_3908_RRR.JPGIMG_3927_RRR.JPG時間がなーい!ので急いでバスへ戻ります。
12時前に着いて、14時のバスに乗る。。。

IMG_3935_RRR.JPGもう少しゆっくり見たかったなあ。

お昼は沙州市場で砂鍋を食べました。
美味しかった!

IMG_3942_RRR.JPG小さな鍋を食べている人を探して下さい!!
敦煌は、ヨーグルトもオススメ!

IMG_3945_RRR.JPG急いで宿に戻り、公共シャワーを1人10元で借ります。
洗濯物も回収し、バッグに詰めて、駅へ向かいます。
今夜のディナーはカップラーメンとスイカ!!

IMG_3955_RRR.JPGマズイカップラーメンが多い?中、これはヒロアキ曰くカレー味みたいで美味しいそうです。

IMG_3954_RRR.JPGさあ、明日の朝は蘭州だ!


〈インフォメーション〉
・莫高窟入場料160元&外国人説明ガイド料20元
・市内からの行き方

IMG_3862_RRR.JPG敦煌経路賓館(夢駝鈴青年旅舎から左折し、右手にある広場を突っ切って行くとバスの止まっている交差点があります)の近くから莫高窟片道8元、敦煌駅行3元のバスが出ています。

・敦煌から蘭州への電車
18:50発硬臥246元
IMG_3865_RRR.JPGめちゃめちゃ立派な駅舎


SUKASHIKA OFFICIAL SUPPORTER』も更新しました。
今回は、☆STAY GOLD☆ のお二人です。

敦煌の砂漠で朝日&敦煌オススメ宿

2012.5.8.ハネムーン89日目.
今日は鳴沙山の近くの宿にいる特権を活かし、砂漠に朝日を見に行きます!

6時前に宿を出ます。
砂漠の朝は寒いですが、時間がないので、(いつも私たちは時間がない...)小走り!
さあ、体が暖まってきました。
辺りは少しずつ明るくなってきました。

DSC01028_RRR.JPG入場券を買ってゲートに飛び込みます。

DSC01029_RRR.JPGラクダのお出ましだー!

DSC01032_RRR.JPG朝日を砂漠の山から見たいので、頑張って山を駆け上がります。

DSC01033_RRR.JPGDSC01034_RRR.JPG砂漠を走る車やラクダ、グライダーという手もありますが、うちらは節約のため、徒歩です!

砂に足を取られ、なかなか進みません。
めちゃめちゃ疲れる、、、。
もう、汗かいてます!
しかし、急がねば!!!

結局、山の中腹で朝日が登り始め、そこで拝むことに。

DSC01038_RRR.JPGDSC01042_RRR.JPGDSC01046_RRR.JPGなんだか海を見ているみたい。

そういえばこの旅で初めてちゃんと見た朝日でした。
空の色がどんどん変わっていって。
太陽が現われた。
どこまでも続く砂漠。
日本から離れてこんなに遠くまで来たんだなあ。
宮古島で二人で見た朝日を思い出しました。

DSC01049_RRR.JPGさあ、朝日が上がり切ったら遊びましょう‼


ほとんど観光客が居ないから、足跡のついていない場所がいーっぱい!!!

DSC01086_RRR.JPG ジャーンプ! 

DSC01108_RRR.JPGこんなことや、 

DSC01116_RRR.JPGあんなこと!!

DSC01117_RRR.JPGひゃっほーい!

DSC01113_RRR.JPG助けてくれー

DSC01130_RRR.JPG

しかし、朝だし、ご飯食べてないし、疲れてきました。
砂漠はかなり足元を取られるので、疲労が半端ないです。。。
しかしヒロアキはどうしても月牙泉とその建物を見に行きたいと言い張ります。

DSC01168_RRR.JPGDSC01209_RRR.JPG仕方なく近づいても、あまりパッとしない。。。

DSC01233_RRR.JPG砂漠だけで十分でした。

さあ、宿に帰って、朝ごはんを食べて、

DSC01268_RRR.JPGシャワーを浴びて、宿を移動します。

今日の宿は、敦煌市内のユースホステルです。
ネット情報で、風通しの良いホテルとありましたが、その通り。

IMG_3841_RRR.JPG部屋も清潔で、シャワーの湯量も充分、明るいし最高でした。

IMG_3842_RRR.JPGあ〜、最初からこっちのユースにしとけば良かったなあ。


〈インフォメーション〉
・鳴沙山、月牙山入場料120元

・夢駝鈴青年旅舎

IMG_3843_RRR.JPG陽関東路から商業一条街へ入り、敦煌風情城という通りへ入り、右側にユースの看板が見えます。

DSC01016_RRR.JPGツイン一泊120元(ユースの割引は使用できず)

緊急告知!!

ついに、スカシカが、TVデビューします!!!

2012年6月1日(金)19:56~
日本テレビ『世界番付』に出ちゃいます!!?

えーーーーー!?マジですかーーーーー?!



ヒントは、『念願の...』です。
我々もどんな形で公共の電波に乗るのか詳細は分からないのですが、、、。

とにかく、みなさん!録画の準備をお忘れなく(^ ^)


SUKASHIKA OFFICIAL SUPPORTER』も更新しました。
今回は、 World Sketch のお二人です。

敦煌名物と素敵な出会い

2012.5.7.ハネムーン88日目.
今日は敦煌市内へ出かけます。
何しろ鳴沙山の近くの宿なので、バスに乗って出かけます。
宿のスタッフは英語を話せる人が数人しか居ませんが、親切に街への行き方を教えてくれました。

鳴沙山のバス停でバスを待っていると、あるカップルに日本語で話しかけられました。
日本の方と思いきや、なんと敦煌の方とのこと!
カセンさんは名古屋で働いていて、リさんは福岡の大学院生。
2人とも敦煌の出身で、日本のゴールデンウイークを利用して、今回結婚の挨拶のために、帰郷しているそうです。
おめでとう!!!

日本の休みは少ないし、日本から敦煌までも遠いので、敦煌でなかなかゆっくりする時間はないそうです。

私たちの旅の話もしながらバスは街へ向けて進みます。

そして、美味しいお店を伺うと、場所が分かりづらいし、観光客だとボラれるかもしれないからと、連れて行って下さると言ってくれました!

お時間がないのに...と恐縮していると、バス代、タクシー代までいつのまにか私たちの分まで払っていてくれて、お店に連れて行ってくれました。
(スミマセン!!!ありがとうございました!!!)
さっそく注文してくれます。
美味しいタレも作ってくれます。

すると、
『じゃあ、お金は○○ですから、注文しましたので!僕たちは行きます!』と⁉
えっ⁈一緒に食べれると思ったのに...。
何のお礼も出来ていない。
なんとお二人はただ、私たちをお店に連れてきてくれ、注文を手伝ってくれただけでした。

本当に忙しい合間に、今会ったばかりの私たちにこんなに親切にしてくれるなんて...。

感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。

DSC00974_RRR.JPG自分が日本に帰って困っている外国人が居たら、お返ししたい、そう思いました。

そして、出てきたご飯は...?!

DSC00988_RRR.JPG敦煌名物ロバ肉だあー!
うまーい!!

初ロバは、全然臭みがなくて、美味しい。
付け合わせの野菜たちも美味しい!

DSC00982_RRR.JPGとくに、キュウリ!美味しすぎる!
パスタみたいな、麺も美味しかったです。

DSC00987_RRR.JPG敦煌の乾燥で若干喉をやられて、風邪気味だった私もロバ肉の栄養と、普段なかなか摂取できない野菜のお陰で、元気になってきました。

お値段はバックパッカーにしては、お高かったのですが、食べきれなかったお肉はお持ち帰りにして夜も食べました!

DSC00990_RRR.JPG店の少年とパチリ。


さあ、昼食の後は敦煌の街を歩きます。

DSC01002_RRR.JPGDSC01007_RRR.JPG昼間はひっそりしていました。
明日移動してくるための、宿探しもしました。
そして、夜ご飯を調達して、

DSC00997_RRR.JPG宿に戻ります。

今日のディナーは、、、


敦煌名物ロバ肉、キュウリ、トマト、にマヨネーズ、パン?みたいので、サンドイッチ‼

DSC01020_RRR.JPGキュウリ、トマトがめちゃめちゃ美味しい〜!

そして、デザートはもう一つの敦煌名物スイカ‼

DSC01024_RRR.JPG小さいのを2人で半分に割って、スプーンでホジホジ、贅沢食い!


めちゃめちゃ甘〜い!!
さすが、カセンさんオススメのスイカです。
スイカの時期はもう少し後の夏みたいですが、それでも美味しいです。



お二人に感謝して、美味しく頂きました。
本当にありがとうございました。


〈インフォメーション〉
・お二人が連れて行ってくれたお店。
順張黄面館

DSC00991_RRR.JPG反弾琵琶像から陽関中路へまっすぐ進み、左手に野菜や果物の売ってる市場みたいのが見えたらそこを左折。

DSC00993_RRR.JPG少し歩くと右手にあります。
ちなみにその辺りの野菜や果物は安くて美味しかったです。

・鳴沙山への行き方
市内から3路バスで終点。
1  2  3  4  5