スカシカ -世界一周ハネムーン-

Home> Blog > 2012年7月

南ゴアで贅沢ざんま~い!

このブログが更新されるころには、きっとアフリカに少し慣れはじめた頃だと思います。
きっと!
そうであることを祈ります!
皆さんも祈りのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございます。
それでは、本編をどうぞ。

2012.7.5.ハネムーン147日目.

今日は、ヒロアキはお留守番で私一人で高級スパへ行ってきました!!!

前からやってみたかったアーユルヴェーダ。
今までの都市では、巡り会えず、インドでアーユルヴェーダは出来ないかなぁと思っていたところ、急遽ゴアに行くことになったので、ゴアでアーユルヴェーダを探しました。

そして、見つかったのがパークハイアット・ゴア・リゾート&スパのセレノ・スパという高級スパです。

IMG_4100_RRR.JPG
何度もスパの賞を受賞してるようで、期待大です!

そんな高級スパに、ヒロアキは『行ってきていいよ』って言ってくれました。
わーいわーい!!
貧乏バックパッカーには痛い出費ですが、たまにはバックパッカーということも忘れて一人で贅沢してきました。
ヒロアキに感謝です〜!


前日に電話で予約。
英語なのでよく分かりませんでしたが名前の他に、
クレジットカードナンバー,Eメールアドレスを聞かれました。

コースについては、電話ではよく理解出来なかったので、3時間とだけ伝えて、当日選ぶことにしました。


そして、いよいよ当日!!

IMG_4087_RRR.JPG
豪華な入り口だー!

ホテルに到着し、最初に待っていたのはセキュリティチェック。
飛行機に乗るみたいでした。

そして、セレノ・スパへ進んで行きます。
さすが、高級ホテル、池ですら透明できれいです。

IMG_4088_RRR.JPG

そして、いよいよスパへ!!
到着したときから、名前で呼んでくれます。

IMG_4095_RRR.JPG
スパのロビーです。

メニューを渡されますが、英語もよく分からないし、アーユルヴェーダについても良く知らないので、困っていると、別室でカウンセリングをしてくれました。

体の不調などを伝え、コースを選んでもらいます。
どうやら3時間のコースだと、3つのスパを選べるようで、私はボディスクラブ,ボディマッサージ,フェイシャルの3つを選びました。

なんか普通のスパと変わらないメニューですが、まあ、いっか!

ロッカーに案内され、

IMG_4098_RRR.JPG
まずタオルを巻いてスチームとサウナへ入ります。

IMG_4097_RRR.JPG
スチームはとてもイイにおいで気持ちよかった!

IMG_4099_RRR.JPG


ここから先はノーフォトです!
すみません。。。

着替えて個室へ向かいます。
担当はチベット人の女の子。
5歳のときに、家族でインドへ来たと言っていました。

いよいよスパが始まります!
まずフットバスでフットマッサージ。
このフットバス、サウナで暑くなった体にはちょうどいいぬるめのお湯でした。
そして、ベッドにうつ伏せになって、と言われました。
いよいよスクラブです。

が、普通バスタオルとかで覆うのに、覆いなし!
紙パンツ一丁のみで、ベッドにうつ伏せになります。
このまま仰向けになったらどうなるんだろう...と思いつつ、スタートです。

今まで体験したことがないくらいなオイルとソルトを使っている感じです。
オイルはとてもいい香り。
これがアーユルヴェーダなのかなあ。
力強さは少し強めでしたが、バックパッカーを始めて、踵も固くなっちゃったし、この際垢を全部落としてくれい!と思いました。
そして、仰向けへ。

案の定タオルはかけてくれませんでした。。。
紙パンツ一丁で丸出しの私...。

何か覆って?とも言えずに居たところ、全身、もろ全身スクラブされました。
外国では普通のことなのかなあ?
日本ではありえませんが...。


そして、スクラブが終わると個室内にあるシャワーを浴びます。
シャワーのあとは、全身すっべすべになっていましたー!

そして、シャワーの後はデトックスジュースとやらを飲みます。
ものすごい紫色のジュースでしたがお味はまあまあ。
体に良さそうな味でした。

そして、その後はボディマッサージ。
これも大量のオイルを使っています。
強めのマッサージでしたが、気持ち良かったです。
なぜか今回はタオルを覆ってくれました(笑)
もちろん力強さについても聞いてくれます。
ウトウトしていると、フェイシャルへ。
クレンジング、スクラブ、マッサージ、パックとやってくれたと思います。
あんまり覚えてなくてもったいない...。
そして、オイルを使ったヘッドマッサージ。


もう、気持ち良くて寝ちゃってました。






そして、贅沢な時間が終わってしまいました...。

終わってから3時間くらいはシャワーを浴びない方がより良いみたいなので、頭はオイルでかなりしっとりしたまま帰ることになります。

着替えをして、ロビーでジンジャーティを飲んで終了です。


支払いはクレジットカードでも、キャッシュでもOKでした。

3時間8000ルピー、税込9858ルピー(14787円)でした。
日本のスパから考えると大分安いけれど、インドの物価からしたらめちゃくちゃ高いです。

チップについてよく分らなかったので、マッサージをしてくれた人に聞いてみるとだいたい15%くらいと言われました。
持ち合わせがなかったので、1000ルピーを渡しました。


アーユルヴェーダというか、アーユルヴェーダが組み込まれた高級なスパって感じでした。


個室は広々していて中庭がみわたせました。
スチームも料金に含まれていたし。
サービスもきめ細かかったと思います。


インドではない、贅沢な空間が味わえました。


夜は2人でゴア最後のディナー!
ここら辺では有名なところみたいで、ほぼ満席でした。

IMG_4103_RRR.JPG

サラダとブリのフライ。

IMG_4104_RRR.JPG
IMG_4105_RRR.JPG
『うまい!』

IMG_4106_RRR.JPG
メインのエビのグリル!

IMG_4108_RRR.JPG
『うまーい!ガブリっ‼』




久々の贅沢な1日でした!

IMG_4113_RRR.JPG


〈インフォメーション〉
・サンセット・ビーチのレストラン

マーティンズ・コーナー

IMG_4114_RRR.JPG

必見!雨季のゴアの過ごし方

2012.7.3,4.ハネムーン145,146日目.

ヒロアキは順調に回復しています。
う○こも、漏らさなくなったし、良かったです。

さあ、お待ちかねの宿情報!


雨季のゴアで快適に過ごせる場所です!


A's Holiday Beach Resort


南ゴアにあり、最寄り駅と最寄りバススタンドは、マルガオです。
そこから、リキシャで250ルピー。
リキシャには、BetalbatimのMartins Corner Restaurantの近くと言ったら着くと思います。

一番近くのビーチはsunset beachで、majorda  beachとbetelbatim beachの間にあります。

sunset beachには、歩いて5分くらいで行けます。

DSC05459_RRR.JPGDSC05468_RRR.JPGDSC05463_RRR.JPG
肝心のホテル、で・す・が!

じゃーん!
貸別荘みたいな感じです!

DSC05474_RRR.JPG一つのおうちが二階建てです。
リビング、

DSC05425_RRR.JPGキッチン、

DSC05426_RRR.JPGベッドルームが2つ!

DSC05420_RRR.JPGDSC05423_RRR.JPG
トイレが3つに、シャワーが2つ!

中庭には、プールがあります!

DSC05476_RRR.JPG
オーナーさんは、めちゃくちゃ親切で、ヒロアキの病院へもわざわざ会いに来てくれ、何か困ったことはないか?といつも聞いてくれます。

この日、一晩中大雨が降っていて翌朝停電になりました。
もう電気なしの生活になるのだと思っていたら、ホテルの目の前で木が倒れて、電線が切れています。

こりゃ、インドのことだから今日は直らないだろうなーと思っていると早速修理にゴア市の人がやって来ました。
さらにその木を切ってくれと、オーナーが更に人を呼んで来たようです。

DSC05445_RRR.JPG木の上でチェーンソーを扱う彼の命綱は人間。

DSC05446_RRR.JPG

また、フルーツをプレゼントしてくれたり、私たちだけしかお客さんが今は居ないのに、プールを準備してくれたり。
とても、親切です!

警備員もいたり、
お掃除のお姉さんもいたり、
コックさんもいます。

なんと、朝食付きなのです~!

しかも毎朝我が家のキッチンに朝ごはんを作りに来てくれます。

至れり尽くせり!

そしてありがたいのが、洗濯機付き!
今だけは洗面台で、じゃぶじゃぶ手洗いしなくてもいいんです!
ヒロアキ大喜び、旅中はヒロアキが洗濯係りなんです (笑)

何より良いのが、キッチン付きで自炊三昧です。

DSC05429_RRR.JPGDSC05457_RRR.JPGもう、ここはインドでは、ありません!!


ゴアは野菜も新鮮ですごく美味しいし、丸鶏を買ったのですがこれもすごく美味しかった!
フルーツも美味しいし!


ここなら住める!

ぜひ、シーズンに来てみたいな
~!


でも、疲れきったインドの旅を癒すには持ってこいの場所だと思います。


さあ、あなたも雨季のゴアを快適に過ごすなら...!


A's Holiday Beach Resort
へどうぞ!!

ついに!!!入院の事態!

2012.7.1,2.ハネムーン143,144日目.

今日は雨季のアンジュナからおさらばして、南ゴアへ行きます!

バスを乗り継ぎ...マルガオに到着。
そこからリキシャで...ようやく着いたー!

私たちがこれからゴアの残り5日過ごすホテルです。

DSC05474_RRR.JPGどうせ雨季だし、どこにも行けないのでホテルでのんびりできるところをアゴダ(ホテル予約サイト)で探しました。


とにかく最高!!!
ホテルライフについてはまた、明日詳しく載せます!


しかし、その晩からヒロアキが気持ち悪いと言い出しました。
微熱もあるし、下痢も始まりました。

またか...。そう思いました。
ヒロアキはこの旅中にすでに腸炎で2回も病院へ行っています。

しかし、どんどん上がる体温。
39度を越えました。
いつもと、違う。。。

ついに、マラリアになっちゃったんだと思いました。
頭痛も出てきたみたいだし、下痢もマラリアで起こることがあると書いてある情報もあったからです。

ヒロアキは高熱で苦しそう。

ほとんど2人とも眠れず朝を迎えました。
早朝、保険会社に連絡し、病院を紹介してもらいました。
ようやく7時ごろホテルの人がやってきて、タクシーをお願いしました。(夜中は宿の人はいないのです)

しかし、親切からなのか、ホテルドクターを呼ぶか?とか、その病院はお金をとるために入院させるぞとか...いろいろ言ってくるタクシー運転手。

もうー!いいから病院へ行ってくれい!
誰よりも日本の保険会社のオススメが一番信用できるんだー!


病院に着くやいなや、車椅子で救急外来に連れて行かれるヒロアキ。
タクシー運転手にお金を払ったあと、私も病院へ入ると、すでにベッドに寝かされていました。

DSC05431_RRR.JPG仕事が早いなあ。


研修医の女医さんに英語で話しかけられ、ヒロアキは英語が分からずにいたようです。
女医さんには『インド人かと思った』と言われていました。


☆〜突然ですが、ここで記録更新デス!!
ヒロアキは今まで全ての国で、自国民に間違われています!!!
そして、ついにインドでも、インド人に間違われました〜!
おめでとうございます〜!〜☆


問診、診察の後に、血液検査と解熱剤や下痢止めを飲み、結果を待つことに。

しばらくすると、外来に行ってくださいと言われました。
解熱剤が効いてきて、少し元気になっているけど、車椅子で連れて行ってくれます。

DSC05433_RRR.JPG
外来では、偉い先生に『腸炎だから入院していけば?マラリアじゃないよ』と言われました。

ほーーーーっ!

マラリアじゃなくて、良かったです。


しかし、ヒロアキは『入院したくない!帰る!』と言い出す始末。
なんとかなだめて、日帰り入院で点滴を受けることにしました。

病衣に着替えるヒロアキ。
まさに病人。

DSC05435_RRR.JPG
さっそく点滴。
初めての点滴に病人ヒロアキは子どもの如くゴネだす。
私は看護師さんに、『子どもの世話をしてるみたいね〜』と笑われました。

DSC05436_RRR.JPG
その後も点滴による違和感を『痛い〜』とか『触らないで〜』とか病人ヒロアキはゴネ続けます。

昼時だったので、昼食が運ばれて来ました。
病人ヒロアキも食べれると言っていましたが、まさかの、いや、やっぱり。
インド風病院食!

DSC05438_RRR.JPG『こんなん食えるか〜!』とやっぱりゴネる病人ヒロアキ。
見兼ねた看護師さんが食べれるものは何?と聞いてくれました。
チキンヌードルをチョイスしたのに、『やっぱり今は食べれない』とまたゴネる病人ヒロアキ。

そのうち解熱剤がきれてきて、点滴から解熱剤をいれてもらいました。

病棟担当の研修医の女医さんは『泊まりなさい』と言いますが、病人ヒロアキ断固として拒否‼

解熱剤や抗生剤が聞いてきて、体調もよくなり、予定通り当日退院が出来ました。

ここの病院は、看護師さんもしょっちゅう見にきてくれるし、ドクターも気にかけてくれるし、病院食もカフェテリアの人が食べれるものを聞いてくれるし、とても親切でした。

DSC05439_RRR.JPG
やっぱりゴアはインドじゃないみたいに、みんな良い人が多いからかな?

ここはキリスト教の病院でしたが、院内のチャペルには、いろんな神様がいました。

DSC05440_RRR.JPG


そして、この安心できる病院を紹介してくれ、スムーズに手配を進めてくれた保険会社さんに感謝です。
当初キャッシュレス対応が出来ないかもしれないと言われていましたが、当日退院にも関わらず、退院時の会計でキャッシュレス対応(自費で支払った救急外来の治療費も返金あり!)
支払った保険代はかなり高かったけど、この旅で4回も受診してるし、今回も10500円くらいかかっています。
カンボジアでは、ツーリスト向けの病院だったので、さらに高額でした。
何より安心を買ったと思います。


無事にホテルに戻った病人ヒロアキと私。
病人ヒロアキは、キッチン付きのホテルで作ったお粥をバクバク食べていました。

しかし、私が目を離した隙に...!!!






う○こを漏らしていた(2回も‼)
!!!


下痢だから仕方ないと開き直る病人ヒロアキ。

もっと恥じればいいのに...と思いつつ、元気になってくれて、ホッとしました。


原因は...たぶんこれ。

ヒロアキだけアンジュナで食べた、ローストビーフ。

DSC05388_RRR.JPG

皆さん、お気をつけ下さい!



〈インフォメーション〉
・ゴア、マルゴアの病院

DSC05441_RRR.JPGApollo Victor Hospitals

救急外来と退院時の内服薬は院内の薬局で自費購入。
病院登録費も自費。
それ以外保険のキャッシュレスで対応してくれました。
日本語はもちろんダメですが、みんな英語でした。

いいことなし、雨季のゴア

2012.6.29,30.ハネムーン141,142日目.

前日の23時ごろ発の夜行列車でゴアのThivimへ向かいました。
朝起きると車窓からはジャングルみたいな景色が見えてきて...インドって広いなあと思いました。
灼熱の地、乾燥した砂漠、緑のジャングル...たった1ヶ月同じ国でこんなに気候が違うのです。

そんなことを思いつつ、約12時間で到着。
雨季のゴアに誰も行かないのかと思っていたら、インド人旅行者がたくさんいました。
駅を出て、大半の人はリキシャや
タクシーに乗るけど、何人かの人が歩いています。
その歩いている人について行くと、バス発見。
Mapusa(マプサ)行のらしいので、乗り込みました。
周りにはキリスト教の十字架が見えます。
インドじゃないみたい!

バスはマプサのバススタンドに到着。

DSC05361_RRR.JPG
そこでアンジュナ・ビーチ行のバスに乗り換えます。

着いたアンジュナは、じめ~っとして、ひっそ〜りとしていて、ここが人気のエリアだとは思えませんでした。
とりあえず腹ごしらえして、ネットを駆使して宿を探しました。

ここは人気のゲストハウスらしく、おばちゃんは親切で、ウェルカムドリンクもありました。
しかし室内はカビ臭くて、すぐに脱出を計画しました。

何しろ1週間もゴアにいなきゃいけないので。

翌日は同じ宿の新しい部屋に移動。

DSC05407_RRR.JPG
それでもカビ臭さは続きます。
近くの宿を見に出かけました。
が、アンジュナのちょっと田舎の方へ行くと誰もいない。
野犬がいるだけです。

すると1匹の犬が吠えながら近づいてきました!
ヤバイっ!と思って傘を振りかざしました‼
すると、見ていた犬ももう1匹走ってやってきます!

ヒロアキは石を犬になげます!

すると、犬はさすがに追いかけてきませんでしたが、遠吠えをしまくる!

『わぉん、わぉん、わぉん(通訳:緊急事態発生!危険な黄色の人間が、我がアンジュナにやってきたー!)』

すると、周りからも遠吠えが。

『わぉん、わぉん、わん(通訳:了解しました!警備を強化します‼)』

すると、続々とやってくる野犬たち。

私たちは囲まれました。


近づいてくる奴もいます。

ヤられる。。。


私たちは引き返すことにしました。

ヒロアキはいつのまにか、刀(ただの棒)を手にしていました。
ちなみにヒロアキは大の犬嫌い。
(やっぱりそういう人を犬も狙うのかな〜。)

引き返すにしても、最初の犬の前を通らねばならない。
ヒロアキは棒を固く握りしめています。

野犬はまたもや吠えまくる。

『わんわんわーん(通訳:俺の縄張りに入ってくるんじゃねーよ、このニセざむらいがぁっ!!!』


うちらは必死で逃げました。
走らないように、無視しながら、相手の眼を見ずに...。

ささささー。

ニセざむらい達は間一髪で、無事野犬との戦いに勝利しました。


危うく病院送りになるところだったーーー!

ヤギも雨宿りしちゃう雨、

DSC05389_RRR.JPG
雨季のため荒れまくる海、

DSC05372_RRR.JPG
湿気とカビに包まれる宿、

DSC05410_RRR.JPG
野犬にとっての楽園、アンジュナ。

もうおさらばです!!!

でも、アンジュナで良かったことが一つ。
ご飯が美味しい。

DSC05392_RRR.JPG
DSC05386_RRR.JPG
ビーフも食べれました。

でも、そんなご飯にもやられてました。
疑惑のローストビーフ。

DSC05388_RRR.JPG

〈インフォメーション〉
・ムンバイ〜Thivimの寝台列車
3A 
735ルピー

・Thivim〜マプサのバス
10ルピー

・マプサ〜アンジュナ
10ルピー

・アンジュナの宿
EVER SHINE GUESTHOUSE

DSC05413_RRR.JPG
ファン、トイレ、シャワーつきダブル
400ルピー

エアコン、ファン、トイレ、シャワーつき、ダブル
700ルピー

バスを降りて少し戻ると、右手に看板あります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  
今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました!
クリックも良かったら押して下さい!

ムンバイ到着

2012.6.28.ハネムーン140日目.

う〜ん、まだ寝てたい...。
と、思ったら、降ろされました。
駅って言ったのに、どこかの高架下のようです。

駅の近くのようだけど、雨だったので、客引きのタクシーの言い値で、駅に向かいました。

今日の夜行でゴアに行きたいので、チケットを購入したいのです。

実は7月1日の南アフリカ行のチケットを4月ごろに購入していました。
今後の動きを決めないと、アジアでダラダラしてしまうと思ったからです。
でも...!失敗でした。
LCCは早く買った方が安いけれど、普通の航空券は3ヶ月たった今も値段が変わっていなかったのです
しかも、3ヶ月先のリサーチまで全くできていないし(笑)

ようやくアフリカのリサーチを行うと、どうやらヨーロッパへのチケットはアフリカ大陸の中では、南アフリカからが一番安いみたいです。

そのため、航空会社に連絡して行き先を変更してもらうことにしました。
そして、変更時に確認すると8日が一番安かったので、7月8日に出発としました。
インド早く出たかったのに...(笑)というわけで1週間時間ができてしまい、ゴアに行くことにしました。


理由はなんとなく、のんびりできそうかな?ということで。
大変なことになるとは、知らずに...。


CST駅の鉄道予約オフィスはまだ開いていませんでしたが、すでに長い行列でした。
8時にオープンし、外国人専用の窓口で、スムーズに往復チケットが買えました。
(パスポートも必要です!)
やはり、雨季だから不人気なんだと思います...。


そうです!この時期、ムンバイなどの西海岸はモンスーンの影響をめちゃめちゃ受けるそうです。
だから、しっかりここムンバイも雨です。

また、タクシーに乗り、エジプトエアーのオフィスに向かい、無事に航空券の変更手続き完了!
親切なエジプトエアーの方に感謝です。

これで、ムンバイでやるべきことは済んだのですが、まだゴア行の夜行列車の時間まで10時間くらいある...。
ネットカフェを探して、インド門周辺を歩き回るけど、WiFi付きのカフェがなかなかありません。
ようやく1件見つけましたが、めちゃめちゃ高級なレストラン。
しかもネットが弱い。。。

高級ランチだけ食べて、諦めました。

その後はタージマハルホテルを見たり、

DSC05337_RRR.JPG
DSC05346_RRR.JPG
(鳩だらけで、こわかった!)

DSC05341_RRR.JPG
インド門を見たり、

DSC05348_RRR.JPG
美術館を見たり、
カフェに何時間もこもったり、
カフェにさすがに入れなくなって隣のマックに逃げたり。



ここ、ムンバイはスラムドック・ミリオネアの舞台。
見覚えのあるこの駅は、世界遺産です。

DSC05354_RRR.JPG
スカシカ夫婦21個目の世界遺産です。

ここムンバイは、空港の滑走路ギリギリにブルーシートの家がたくさんあったり、子どもの物乞いも腕をつかんでくる勢い。
それなのに、マックで優雅にご飯を食べる学生も居たり。
レストランも、ウェイターはしっかりとした服装なのに、お皿を下げる人は靴も履かせてもらっていない。


ここムンバイで一番貧富の差を感じました。


まあ、インドでこんな大都市に来たのが私たちにとって初めてだったからだと思いますが。


街並みはキレイなところもあるけど、ちょっと行くとすぐそばにスラム街があったり。

完全に分かれているんだと思いました。


やっぱりインド早く脱出したいな〜。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  
今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました!
クリックも良かったら押して下さい!
1  2  3  4  5  6