スカシカ -世界一周ハネムーン-

Home> Blog

ジャイプルの一番の見所とは

2012.6.18.ハネムーン130日目.

今日は、ジャイプルを観光します!

まず、宿から歩いて、オススメのラッシー屋さんへ行きました。
涼しい朝なら余裕で歩けました!
3店舗ラッシー屋さんが並んでいて一番お客さんがいた、駅から見て手前の方のラッシー屋さんをチョイスしました。

DSC04221_RRR.JPG少し酸味があるタイプのラッシー。

DSC04222_RRR.JPGしかし、ネパールのカトマンズのラッシー屋さんにはかないませんでした。

さらに歩いてすすみ、アイスクリーム入りラッシー屋さんでも飲んでみました。

DSC04232_RRR.JPGしかし、アイスクリーム入りじゃなくて、ここのアイスクリームなしのラッシーは結構美味しいです!
それでもやはりカトマンズにはかないません!
カトマンズのラッシーはスカシカ的、暫定世界一のラッシーです!

DSC02394_RRR.JPG(カトマンズラッシー)


さあ、バスに乗ってアンベール城へ行きます。
バスで20分程で到着。
ここから、少し城を登って行きます。

DSC04239_RRR.JPG途中の水は30ルピーくらいしたので、買っていって下さい。
かなり暑くて、城を登っている間になくなってしまい、私たちは仕方なく購入しました。
でも、アンベール城の出口付近の方が20ルピーぐらいだったので、そちらで買う方がいいかもです!

さあ、チケット買って入ります。

DSC04248_RRR.JPGDSC04259_RRR.JPG綺麗な門だけど、めちゃ暑い!

DSC04264_RRR.JPGここは、お風呂らしい。

鏡の間や、

DSC04281_RRR.JPGお城から眺める景色がきれいでした。
マハラジャは毎日こんな景色を眺めていたのかなーと思いを馳せつつ、バスに乗って帰ります。

DSC04298_RRR.JPGちなみに、昔のトイレが中国スタイルだった!

DSC04263_RRR.JPGやっぱり中国とインドはどこか似ているものね...。

次は風の宮殿。

DSC04305_RRR.JPG 
外から見たら美しいです!
しかし、中に入らなくてもいいような感じでした。。。
外からで十分な感じでした。
ひらぺったい建物でした。

DSC04325_RRR.JPGとにかく暑かった。

DSC04319_RRR.JPGお次はジャンタル・マンタル。
風の宮殿から見るとすぐお隣なのに、ぐるーっと半周しないと入り口にたどり着けません。。。
仕方なく暑い中歩きます!

ここは、スカシカ夫婦18個目の世界遺産です!

DSC04365_RRR.JPG

昔の天文台のようですが、これがさっぱり何だか分かりません。
今も使われているとかなんとか。
だからか、星座の絵とかもありました。

DSC04359_RRR.JPGDSC04361_RRR.JPG
ここを訪れた時間帯が、昼過ぎで猛烈な日差しと白いオブジェのような観測器に日差しが反射して、猛烈に暑かったです!

DSC04353_RRR.JPG熱中症に要注意‼


お次はシティ・パレス!
今日は観光しまくりです。
現在もマハラジャが住んでいるとのことで、一部を博物館にして展示してあるそうです。
マハラジャはこうして生計をたてているのかしら?

ここは日本語オーディオガイドが安く借りれて、面白かったです。
やっぱりガイドがあると違うなあ。

DSC04380_RRR.JPGDSC04390_RRR.JPG
ここジャイプルは、別名ピンクシティと呼ばれているそうですが、、、あんまりピンクじゃない。。。

ちょっとピンクに期待してたので、残念でしたが、ジャイプルの見所は別の所でした!


アノーキーです!

DSC04403_RRR.JPGここはジャイプルに昔から伝わる木版染めの洋服やシーツなどのお店です。
アノーキーカフェも併設されていて、カフェもとっても美味しかった!

DSC04397_RRR.JPGなんか、オーガニックの野菜とかを使ってるみたいでした。

そして、肝心のアノーキーショップですが...!
じゃーん!大人買いしちゃいました。

DSC04409_RRR.JPGしかし、ワンピースが1000
ルピーくらいなので、ユニクロより安いのに、デザインも柄もとーーーってもカワイイのです!
久々にテンションあがりました!

後日アノーキー、ジョードプル支店にも行きましたが、本場ジャイプルが一番大きいショップのようです。
ジャイプルは行けないと言う方、インド各地に支店があるようです!
ぜひぜひ訪れてみてください!

ジャイプルには、アノーキーの博物館もあるみたいで、そっちにも行きたかったなあ。

〈インフォメーション〉
・ジャイプルのラッシー屋さん
マクドナルドを右手にMirza Ismail Rd. を進んで行くと左側にあります。
一番手前のお店を飲みました。

・アイスクリーム入りラッシー屋さん
Tripolia Bazaarのアンベール城行きバス停から見て向かいの通りにあります。
アイスクリームなしのほうがオススメ。

・アンベール城
バス片道7ルピー
入場料200ルピー

・風の宮殿
入場料50ルピー

・ジャンタル・マンタル
入場料100ルピー

・シティ・パレス
入場料300ルピー
オーディオガイド80ルピー

このシティパレス以外の観光地のチケットを風の宮殿でまとめて割引チケットが売ってました。
全部見るならお得だと思います。

DSC04308_RRR.JPG
・アノーキーショップ
ジャイプル:Prithviraj Rd.にあり。大きなビルの中にあります。
カフェも併設。

DSC04402_RRR.JPG

ジョードプル:Air port Rd.のAjit Bhawan Hotelから見て右隣の方に小さなショップが並んでいて、そこにあります。

小さいお店なので、ジャイプルのほうがオススメです!



PS:
今日初めて本物の蛇使いをみました!

DSC04371_RRR.JPG
蛇使い、インドっぽーいって思った方はクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  
今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました。

ジャイプルのおすすめ、ステキ宿!!!

2012.6.17.ハネムーン129日目.


今日はコトちゃんとお別れして、ジャイプルへ向かいます。

コトちゃんは今日お友達が来てくれることになっています。
旅が楽しく続けられているといいなあ。

ジャイプルへは早朝の電車だったので、朝早くアーグラーフォート駅へ行きました。

DSC04196_RRR.JPG
駅近の宿でしたが、やはりまだ真っ暗な時間帯は、ちょっと怖かったなあ。

駅にはもう電車が来ていて、お菓子とお水を購入して、乗りこみました。

DSC04200_RRR.JPG
そして、本日の電車は初体験!
2Sです。
なんか2Sとか言うと、すごい良さそうな気がしますが、そうではなく...Second seetの略です。
エアコンなしで誰でも乗り込んでこれる電車です。

DSC04203_RRR.JPG
こんなに、自由!

一応座席は予約済みでしたが、早朝の5時ということで、まあ大丈夫だろうと乗りこみました。
(こんな暑い時期だけど、電車は予約がいっぱいでこの席しか取れなかったのです。)

し、か、し、、、。
思った以上にキツかったです。

まず、暑い!そして窓全開で全身砂だらけになります。
そして、予約を持っていない人も勝手に席に座ってたりするので、軽い座席争いが起こります。
そして溢れた人は通路にも大量にいるのでかなりきついです。

2Sには、二度と乗りたくありません...。

そうして無事に?ジャイプルへ到着。

お目当ての宿がいっぱいで、姉妹店を紹介してもらいました。
なんとここが、この旅2度目の豪華ホテル!!!

DSC04205_RRR.JPG
うひょー!

ジャイプルなどのラージャスターン州は宮殿や豪邸で有名で、そんな豪華なホテルに泊まってみたかったんで、ちょっと私たちには高かったけれど、他に比べたら安かったので、結局2泊しました!

めちゃめちゃ快適でした〜!!!


まず、ベッドがお姫様みたい!

冷蔵庫付き!

ホットシャワー!

トイレ、シャワー別!

DSC04209_RRR.JPG
いや〜オススメなホテルです!

これで約2000円!!
今日は、宿を堪能しましたー。

〈インフォメーション〉
・ジャイプルの宿
Pearl Palace Heritage
地球の歩き方に乗ってます。
ダブル、シャワー、トイレ、エアコン、wifiもちろん付きで1300ルピー。
姉妹店のPearl Palaceには無料で送迎してくれて、そこのレストランへ行けます。
DSC04215_RRR.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
泊まりたくなった方は、クリックして下さいね!
今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました。

アーグラと言ったら、タージマハルと病院でしょー!

2012.6.14〜16.ハネムーン126〜128日目.

今日は朝一でタージマハルを見に行きました!
5時半から開いていると聞いたのですが、宿を出たのが5時半でしたが...。
早起きは相変わらず苦手です。

タージマハルは、私が以前からとっても行ってみたかったところ。
本当に左右対称なのか、そんなに美しいのか、この目で確かめたかった所です。

ちなみにこの旅17個目の世界遺産です!

旅行を続けていて、段々と観光地に慣れてきていました。
感動が薄れるというか...(笑)
しかもインドは暑くって観光どころじゃなくなってしまうことも。

しかし、ここタージマハルは久々に感激しました!
前日に宿の屋上から見た時より、実物はとっても大きくて、美しかったです。


DSC03997_RRR.JPG
この先についにー!

DSC04000_RRR.JPG
見えてきたー!

DSC04010_RRR.JPG
すげー!

DSC04017_RRR.JPG
じゃーーーん!

DSC04024_RRR.JPG
2人でパチり。

朝焼けから青空に変わっていく空と、タージマハルは、いつまでも見ていたい気がしました。

DSC04055_RRR.JPG
お決まりのポーズもちゃっかりしつつ、タージマハルへ近づきます。

DSC04026_RRR.JPG
DSC04058_RRR.JPG
ここ、タージマハルは昔、シャー・ジャハーンという皇帝が、自分の奥さんのために建てたお墓です。
自分が奥さんだったら、死んでからこんなことしなくていいのに...と思っちゃいそうです。
それだけ愛されていたというのとなのでしょうが...。

細かな装飾もとても美しかったです。
ここインドでは、涼しいうちに見れるということで、感激度が増すことが分かりました。
帰る途中、サルが観光客に飛びついて、それをガードマン的な人がサルを引き離して放り捨てる場面を目撃しました。
サルが大の字になって空中を舞っていました。
とにかくタージマハルでは、おサルさんにも注意しながら、楽しんで下さい!



そして、コトちゃんを迎えに病院へ行こうと宿へ一度戻ると、なんとコトちゃんが宿へ来ていました!

なんと、、、!

コトちゃんの寝ていたベッドの上のファンから、火花が出だし、少し離れて避難したところ、ファンが燃え出したというのです!!

えーーー?!!!!!


病院の病室でですよ!
日本だったらありえない!!
しかもみんな消火活動もせず、見ていただけとのこと!!!

インドって恐ろしいです。。。

そんなこともあり、治療に対しても信用ならず、退院してきたとのことでした。

とにかくコトちゃん無事で良かった。

そして私たちは、保険会社に教えてもらった病院を受診することに
しました。

ここは日本の保険で対応している病院のようでドクターも診察後に、検査をしてくれ、点滴治療が行われました。
日本じゃ、当たり前だけど、インドじゃここまでたどり着くのも大変なんですね。

無事コトちゃんも安心して眠れるはずなのに、スカシカ夫婦はコトちゃんを質問責め!!
コトちゃんの仕事や学校、彼のこと、興味津々だったのです。
ごめんなさい、コトちゃん...(笑)

ヒロアキも最近目の充血があったので、目薬を処方してもらいました。


そして、コトちゃんが休んでいた部屋は3つベッドがあり、私たち夫婦もそこでゴロゴロしながらコトちゃんの点滴が終わるのを待っていました。
しかし、いつまで経っても終わる気配がなく、、、夜になってようやく『入院だよ』と言われました。
やっぱり...。
しかも、『付き添いも、もちろん泊まっていいよ』って!!!
えーー⁈

この快適なシャワー、トイレ、クーラー付きの病室に、私たちも泊まっていいんですか?!

DSC04175_RRR.JPG
あたかも2人とも病人風ですが、本当に病人なのは、コトちゃんだけです。


図々しくも、2泊もさせていただきました。
すみません!
私たちのご飯は、さすがに出ないので食事は外に食べに行き、それ以外はコトちゃんと3人でクーラーの中でのんびりと過ごしていました。

私たちもインドの暑さに参っていたので、良い休息となりました。
コトちゃんも少しずつ元気になってきて、入院3日目にめでたく退院!
何かの菌による胃腸炎だったようです。
本当に、お邪魔させてもらいました。

この旅に出て、なかなか女の子のお友達ができなかったので、こんなに長く女の子とおしゃべりしたのは久しぶりで。
ずーーーっと話し続けていました。
本当に楽しかった!コトちゃんありがとう!!
出会いに感謝です。

DSC04192_RRR.JPG
退院したコトちゃんと私たちは、宿に移動し、宿でも夜中までおしゃべりしていました。
ガールズトークですね。
楽しかったなあ。

コトちゃんとはまた、1年後くらいにアメリカで再会予定です!

楽しみ!!!


〈インフォメーション〉
・アーグラーのきちんと診察してくれる病院

DSC04186_RRR.JPG
Amit Jaggi Memorial Hospital 
91-562-4032654
場所:アーグラーのMint Rd.沿いにあります。

・アーグラーの宿
Hotel AJAY INTERNATIONAL
ダブル+エキストラベッド(というか、布団?)の3人部屋
シャワー、トイレ付き
1000ルピー

アーグラーフォート駅の裏にあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました。
良かったら押して下さい!!

彼女との出会い

2012.6.13.ハネムーン125日目.

今日はアーグラーへ向けて出発の日です。


ホテルは、最後まで嫌な感じでした!!
朝7時半にリキシャを頼んでいたのに、30分待っても来ませんでした。
道に出てリキシャを探そうとすると、引きとめられました。
ついには犬まで追いかけてきて、飛びかかられました。
結局車を出すとか言い出して、それもリキシャの倍の値段。
乗るわけありません。
別のリキシャがやってきて、だいぶ安く乗れました。

ふう〜。
さあ、カジュラホでは、絶対に行っちゃいけない場所の発表です!

Hotel Isabel Palace!!!
DSC03979_RRR.JPG

部屋はめちゃめちゃ快適なんです。
しかし、周りにホテルのレストラン以外食事するところが、ない!
ツアーで回されて、詐欺にあう可能性あり!
電車に乗れない可能性あり!

お気をつけ下さい!


駅で食べたサモサがめっちゃうまかった〜!

DSC03980_RRR.JPG
さあ、アーグラーへ行きまーす!

アーグラーへの電車は日中だったけど、3Aの寝台シートでゴロゴロしながら快適でした。


アーグラー到着。
インフォメーションで地図をもらいに行くと、一人の日本人の女の子が居ました。

どこ行くんですかー?

と聞くとなんと、病院!!!
昨日から具合が悪いそうで、受診されるそうです。
一人旅だったので、一緒に着いて行くことに。

その女の子、コトちゃんは私たちと同じくカジュラホから今日来たようで、具合も悪そうでした。

そして、親切な駅員さんに案内された病院は、、、ここ病院?
って感じの設備のなさ。
ERみたいなことが書いてあるところにたむろしているおじちゃん達に、ドクターはどこ⁈と言うと、俺らだ!みたいな感じ。

こんなところに、コトちゃんを預けられないと思っていると、問診や診察もほとんどせずに、点滴が始まりました!
針や点滴セットは清潔なものだったので、いちよう安心。
しかし、おじちゃん(たぶん医者)は今日は入院だ!と言っています。


えー?!!?!



なんだか心配したくなる病院でしたが、おじちゃん達(医者や薬剤師)が、任せとけ!と言っていたので、コトちゃんは入院、私たちは翌日迎えに来ることにし、宿へ向かうことにしました。

宿は屋上からタージマハルの見える宿です。
なんだか、いろいろあった一日でした。

〈インフォメーション〉
・カジュラホ〜アーグラーまでの3Aの電車代

・アーグラーの宿
Hotel Kamal
ダブル1泊
エアークーラー、ファン、シャワートイレ付き


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

今日も私たちを、気にかけてくれてありがとうごさいました。
良かったらクリックして下さい!!

カジュラホで詐欺に出会った~

2012.6.12.ハネムーン124日目.


この旅16個目の世界遺産でもあるカジュラホは有名なエロい遺跡のある場所ですが、詐欺が多いことでも有名です。

カジュラホ駅に着いた私たちを待っていたのは客引き青年B。

エアコン付きの部屋が600ルピーということで付いて行くとこに

DSC03979_RRR.JPG着いた宿はものすごくキレイ。

DSC03724_RRR.JPGDSC03728_RRR.JPGびっくりするくらい。

DSC03721_RRR.JPGこれが600なんてウソだと思ったら案の定800ルピーとのこと

夜行明けで眠たかった私たちは700ルピーに値切って1泊することにしました。
まあ、今思えばこの時点でおかしいデスね。
フロントの男の子にリキシャを呼んだのだけれど、ウェルカムドリンクがあるからと、なかなかリキシャが来ず、その間にさっそくツアーを押してくるスタッフ。
私たちも今日は観光を半日で終わらせて、午後はゆっくりしたかったので、半日ツアー400ルピーを申し込むことに。
このスタッフは若くて明るい素敵な男の子(青年A) でした。
朝食後、青年A、Bと4人で観光へ行くことに。

カジュラホの寺院をすべてまわってくれました。

南群の寺院は入場料無料でした。
ひっそりとしていて、ゆっくりと見ることができました。

DSC03736_RRR.JPG東群の寺院はジャイナ教の寺院でした。
今も実際に使っている寺院のようです。

DSC03764_RRR.JPG
有名な西群の寺院は、エロさ満点の寺院でした。
一見の価値ありです!

DSC03830_RRR.JPGDSC03833_RRR.JPGDSC03857_RRR.JPG暑さにやられたヒロアキ。

DSC03891_RRR.JPGカラ元気~!

DSC03966_RRR.JPGちょっと元気でた(笑)


DSC03917_RRR.JPGDSC03935_RRR.JPGDSC03939_RRR.JPGDSC03951_RRR.JPG

昼前に観光を終えた私たちを青年A,Bは、『友達の店に案内する』と言い出しました。
『来たな~こうやって土産物を買わす手口だな~』と思っていると、その店の店主はなんと日本に最近まで住んでいて、私の実家の近くに日本人の奥さんと住んでいたとのこと!

まあビックリ!!!

そんな偶然があり、店主は全く売り込んで来ず、会話を楽しみました。
ちなみに彼は西群のお寺の目の前に7月1日からレストランもオープンするみたいです。
(MAHARASA CAFE)
このブログ(スカシカ)を見たといったら、ドリンク無料、20%オフにすると言ってくれていたので、良かったら行ってみて下さい。
私たちは作り途中だったので、お店も見ていないし、もちろんご飯も食べていないので、どんなところかは分かりません...すみません。



その後は私たちは鉄道予約オフィスに行きたいと言うと、ご飯を食べてからとのこと。
『ご飯のあとだと半日の時間が過ぎちゃうよ?』というと、青年Aは『お金は取らないよ』と言っていました。
観光客用のレストランでしたが、値段も高くはなかったです。
しかし、会計のときに青年Aのご飯代も含まれていたり、エアコン代が含まれていました。
青年Aに確認すると、あとで自分のお金は払うと言っていました。

鉄道予約オフィスでは、私たちの持っていた明日の夜の電車のウェイティングリストの切符をキャンセルし、明日の朝の便に交換する予定でした。
バラナシ駅で予約したときは、朝の便があることが分からなかったのです。
すると青年Aが、キャンセルを行ってくれました。
お金もしっかり返ってきました。
さあ、新しい切符を、買おうとすると、『別のオフィスに行くよ』と。
どうやらここでは買えないと言うのです。
鉄道オフィスのスタッフもダメだというようなそぶり。
仕方なくまたリキシャに乗ると、連れていかれたのは1件の旅行会社。
そして...



やはり私たちはカモでした。

前日だから緊急チケット(タトカル)しかないと。
そのチケットがものすごく高いのです。
通常のタトカルの二倍ほど。
旅行会社の人は早口の英語だし、感じも悪い。
私たちは、バスで行くことにすると言いました。
しかし、『バスは出ていない』と。

私一人だったらそこで買っちゃっただろうな~。
しかし、さすが値切りのヒロアキ!
そんな所では買わないよと言って出て行きました。
青年A.Bに、もう一度鉄道予約オフィスへ送ってもらうようにお願いしました。
青年Aはまた、チケットの購入を手伝ってくれそうでしたが断り、後は自分でやるよと告げました。
すると、青年Bが、『今は15時だから、追加のガイド代がいる』と言い出しました。
自分たちが連れ回したんじゃないか!とムカッとしましたが、青年Aの昼食代をひき、要求された額を渡しました。
結局、鉄道予約オフィスでは、タトカルのチケットでしたが、旅行会社の価格よりはるかに安いチケットが買えました。


手口としては、客を連れ回してお土産を買わせたり、食事を奢らせたり、高額なチケットを買わせるという典型的なものです。
最初は鉄道予約オフィスの人もグルだったのかもしれません。

私たちはガイド代を少し多くとられただけですみましたが、なんとも悲しい気分が残りました。

青年Aはとても美しい目をしていて、彼の夢や、彼の今の職、家族についても教えてくれました。
彼は真剣に私達と関わってくれていたと思ったからです。


なんだか裏切られたような気持ちが残りました。


しかし、青年Aの月給は1000ルピー(1600円)と言っていました。
より良い生活を求めたら、ちっとも足りるはずありません。


でも、やっばりこういうやり方でしかお金を稼げないってなんだか悲しくなりました。
良いサービスを提供すれば、その分返ってくるのでは、と思いました。
私たちはチップを渡すつもりだったし、もし気持ちよく過ごせたら、友達にも紹介します。

しかし、そんな甘い考え彼らの生活には通用しないんだと思います。



裕福な人とそうでない人の差が激しい。
日本も格差社会というけれど、そういうレベルじゃない。
生まれつきに決まった階級。


それがインドなんだと思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました。
クリック良かったらお願いします!
順位が上がると嬉しいデス!
«Prev 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16