スカシカ -世界一周ハネムーン-

Home> Blog

どきどきのダルエスサラーム

2012.7.13,14.ハネムーン155,156日目.

今日はアルーシャからダルエスサラームに戻ります。
昨夜の電話では、6時半のピックアップと言っていたのに、なかなか来ず。
連絡すると、今から行くとのこと。
ようやく7時に来てくれ、7時半のバスに乗れました。

IMG_4436_RRR.JPGここからまた10時間です。
きつかったなあ。
途中でジュースや、雨やビスケットをくれました。
IMG_4437_RRR.JPG
お昼休憩。

IMG_4439_RRR.JPGヒロアキは、牛肉。

IMG_4440_RRR.JPG私はチキン。
牛肉はちと硬かったけど、美味しかった!

IMG_4441_RRR.JPG
そして、10時間以上経過してようやくダルエスサラームに帰ってきました

辺りは真っ暗になりかけていて、バスの乗客もパスポートはカバンにいれちゃダメよと言ってくれたので、余計にビビりました。

そしてピックアップに来てくれた人は、予約をお願いしていたのに『YWCAが改装中でやっていないから違うホテルへ案内する』と言い出しました。


あきらかにウソです。
ビビりつつも少しずつアフリカに慣れて来た私たちは、とにかくYWCAへ行ってもらうことに。

やっぱりやってました。

彼らは明らかなウソをつくようです(笑)

ここは、かなり古い建物ですが、蚊もめちゃめちゃいましたが、キレイに掃除はされている感じでした。
門番もいたし。
何より受付のおばちゃんがしっかりした感じの人で、私たちを連れて来た人がたぶん紹介料みたいのを欲しがっていたのをつっぱねていました。

この日も夜だったので、夕食は部屋で持っていたお菓子でやりすごしました。

翌朝、朝食に降りてみると...。
続々と日本人が集まって来ました!!

たぶん10人近く居ました!
こんなに日本人がいっぱいの宿見たことありませんでした。

いろいろ情報を聞けたり、久々に楽しい話ができて面白かったです。
しかも、けっこう女の子一人旅の人も多くて、たくましいです。
その人は28キロも背負ってると言ってました。
また、どこかで会えたらいいなぁ。


そして、すぐ近くの郵便局へ行き、スーパーへ行き、フェリー乗り場を見て来ました。

そして、宿へ戻り、ザンジバルへ向かいます。
偵察したフェリー会社で切符を購入し、フェリーへ乗り込みます。

外国人は2階の広々とした席でしたが、いつの間にか人で溢れて席もキツキツでした。
船が動き出した直後に後ろの人が吐きだすし、なんとも落ち着かない2時間でした。

ようやくザンジバル、ストーンタウンへ到着しました。
到着後、外国人はイミグレーションを通ります。
同じタンザニアなのに不思議ですが、書類を記入し、入島スタンプをもらいます。

そして、目指すゲストハウスへ向かいました。
そこは、魚市場の目の前で、翌日マグロを買って、マグロ三昧したいなぁと思っていたのです。

チェックインし、ストーンタウンへ繰り出します。
途中、焼き鳥屋さんがありました!
塩をかけたら、普通の焼き鳥!
うまかったです。
1本500シリング。

ストーンタウンは、完全に迷子になります。
途中港の近くの公園に戻ってきて休みました。

IMG_4447_RRR.JPG
その日は土曜日で、ストーンタウンでは、ATMがしまっていて、お金をおろせませんでした。
仕方なく両替屋さんを探していると、市場に到着しました。
そして、市場の近くのATMは無事使えました。
良かった良かった。
そして、明日からのマグロ三昧の予定のためにワサビを調達しようとするも、売っておらず。
教えてもらった店でも、売り切れでした。
市場近くのこのお店は通常ワサビをおいてるそうです。

IMG_4452_RRR.JPG(TERRY'S MINI SHOP)


せっかく自炊できる宿なので、今日は新鮮なタコを使ってタコオクラ丼にします!

材料
米(500gで、1100シリング)
オクラ(15本くらいで500シリング)
タコ(半分で4000シリング)
持参した、醤油
以上です!

まず、タコを湯がいて、ぶつ切りにします!

IMG_4453_RRR.JPGあっ!これが、コンロです(笑)
米も炊いて、
オクラを刻んで、

IMG_4457_RRR.JPG出来上がり!

タコはまだ吸盤がくっつく新鮮そうなやつでしたが、茹でればさらに安心。

お味は...最高でした!
明日はマグロをお腹いっぱい食べたいなぁ~。

〈インフォメーション〉
・ダルエスサラームの宿
YWCA
ダブルルームがあいておらず、3ベッドルーム、シャワートイレ付きで、30000シリング。
蚊帳、ファン付き。
朝食付き、wifiなし。

IMG_4445_RRR.JPG日本人もいっぱいいて、情報交換できます!
私たちは19時ごろチェックインしたので、早めのチェックインが良いと思います。

・ストーンタウンの宿
BANDARI LODGE

IMG_4470_RRR.JPGイミグレーションを終えて、ゲートを出てすぐに、左折し、ずっとまっすぐ行くとあり。
シャワー、トイレ共同でダブルルーム30ドル。
キッチン、冷蔵庫使用可。
蚊帳、ファン付き。
wifiなし。

IMG_4472_RRR.JPGIMG_4473_RRR.JPG
・ザンジバルへのフェリー
frying horse社で一人片道25ドル

・ストーンタウンの無料wifi
フォロダニ公園(海の目の前)で、野良電波をキャッチできました。
ものすごーく遅かったですが。


今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました。

ボタンも良かったら押してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


タンザニア、サファリ3日目.

2012.7.12.ハネムーン154日目.

今日は、ンゴロンゴロ保全地域です。
ここは、世界遺産です!
スカシカ夫婦22個目の世界遺産!

ここは、人間が生まれた場所でもあるみたい。

IMG_4381_RRR.JPG
そして、大きなクレーターの中ににたくさんの動物が生活しています。
今日はライオンとサイが見たいよ!


クレーターを下るまでは山の上なので、標高が高くかなり寒かったです。
4泊5日のミシェル達は今日ここに泊まるようです。
かなり冷え込みそう。

DSC06025_RRR.JPG
クレーターへ降りていくと、さっそくシマウマ。

DSC06051_RRR.JPG
ヌーも休息中。

DSC06079_RRR.JPG
けんか?あそび?

DSC06091_RRR.JPG
たくさんのフラミンゴ。

DSC06132_RRR.JPGDSC06138_RRR.JPGDSC06140_RRR.JPG

DSC06137_RRR.JPGキツネらしいです。

カバだらけ。

DSC06170_RRR.JPGDSC06179_RRR.JPG
イボイノシシが草原を駆け抜けます。

DSC06187_RRR.JPGタテガミがそよいでる。

DSC06202_RRR.JPG
この遠くに見えるのがクロサイ...。
ちっちゃすぎるー!

DSC06217_RRR.JPG念願のサイだけど、双眼鏡を使わないと、角が見えない...。

DSC06216_RRR.JPG
IMG_4401_RRR.JPG川も流れています。

しかし、このあと、ついに彼女に会えるのでした!



シマウマってものすごい筋肉!

DSC06223_RRR.JPGDSC06232_RRR.JPG『かっこいい?』
このシマウマ天国を抜けると...。

バッファローもいっぱい。

DSC06241_RRR.JPG

すると...。

DSC06244_RRR.JPGなんだ猫が車にアゴのせて寝てるわ〜。
って、デカすぎっ!!!

ライオンじゃーーー!

DSC06245_RRR.JPG『冷たくてきもちーい』

もう一匹いたー!

DSC06247_RRR.JPG
かわいいと思っていたらこの牙。

DSC06251_RRR.JPGホンモノです。

ここには3匹隠れてるよ。

DSC06254_RRR.JPG
車の上だから安全なのに、ひびりまくりのヒロアキと、ライオン!

DSC06256_RRR.JPGやっぱりビビってるヒロアキと、ライオンの後姿。

DSC06259_RRR.JPGほんの1,2mのところにいます!
すごい迫力!!
手がかわいいけど、爪をかくしてますよ。

DSC06262_RRR.JPG
DSC06266_RRR.JPG迫力はんぱなーい!

DSC06280_RRR.JPGこの凛々しさ。
『獲物を狙っているようです。

DSC06281_RRR.JPGDSC06284_RRR.JPG『やっぱ、暑いから狩り、やーめた。』

DSC06282_RRR.JPG『な〜に、撮ってんのよ!』
カメラ目線頂きました!

DSC06285_RRR.JPGこの近くで、シマウマやバッファローは水浴びをしています。

DSC06290_RRR.JPG
ものすごく、ドキドキしました。

ちなみに、ダチョウとかもいます。

DSC06303_RRR.JPG
そして、もう一度カバ。

DSC06323_RRR.JPGDSC06348_RRR.JPGDSC06355_RRR.JPG一番顔出てる!
カバは1番凶暴みたいです。
カバの池のほとりで...

DSC06343_RRR.JPGスカしてます(笑)

そして、いよいよ終わりという時にまたもやライオンに出会いました。

DSC06380_RRR.JPG今日はついてるな〜と思っていると。
なんか、ライオンの前に黒い物体がある⁈と思っていると。

DSC06384_RRR.JPG顔が...真っ赤・・・。

DSC06388_RRR.JPG
そうです。
彼女は、何かを仕留めたようでした。
食後の顔なのか、仕留めた直後なのか、分かりませんでしたが、ものすごくドキドキしました。


ライオンの狩り!という弱肉強食を生で見たい気持ちと、今まで見ていた草食動物の生命がなくなるかもしれないという気持ち。


そんなことを常に思いながら、サファリに参加していました。
そして、最後の最後に、こんな瞬間に立会ってしまいました。

DSC06410_RRR.JPGこの広いクレーターの中には、動物の生命力が溢れていました。

DSC06419_RRR.JPGありがとう、地球。って感じでした。


タンザニアのサファリは、サファリ内の道路のみを通るので、遠くにしか動物を見れないこともありますが、追いかけ回したりしないスタイルなので良かったも思います。






DSC06339_RRR.JPGいっしょに回った、ミシェルとマイケル。
3日間ありがとう!
デンマークに行きます!

DSC06427_RRR.JPGガイドのシギーさん!


みんなと分かれて、ここから約2時間かけて、アルーシャへ帰ります。
帰り道、美しい夕陽が見れました。

IMG_4428_RRR.JPG

今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました。
良かったらボタンも押して下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

タンザニア、サファリ2日目.

2012.7.11.ハネムーン153日目.
サファリ2日目.

まずテントの近くにコウノトリ発見。

DSC05812_RRR.JPGめっちゃ大量にいて、あたりは糞だらけ。

DSC05814_RRR.JPG
今日はマニヤラ湖へ行きます。

IMG_4309_RRR.JPGDSC05812_RRR.JPGこれが、うちのジープ。周りのより一段と古い...(笑)

なんか、ガヤついてるヒロアキ。
また、靴下&ビーサンだし...。

さあ、さっそく公園内へ。
昨日が象だらけだったのに対して、今日はサルだらけ。

DSC05823_RRR.JPGなんか、毛がパーマかかってるみたい。

DSC05827_RRR.JPG『な~に、見てんだよぉ~』

DSC05834_RRR.JPG『お母さん、人間が見ててこわいよお』

DSC05843_RRR.JPG『毛づくろいしてまーす』

DSC05897_RRR.JPG『何匹いるでしょーか?』

美しいマニヤラ湖。

DSC05846_RRR.JPGDSC05880_RRR.JPG『私たちはハブvsマングースで有名な、マングースです!』


すると、遠くにキリン発見!

DSC05893_RRR.JPG遠くすぎて写真に撮れなかったのですが、キリンの大群がいました。
20頭弱、子どももいたと思います。
たくさんのキリンが遠く、草原にいる姿は、この日1番印象的でした。

DSC05929_RRR.JPG『ハデハデでしょー?』

DSC05935_RRR.JPG遠くにバッファローを見ながら昼食。

IMG_4356_RRR.JPG大量の鳥を目の前に、ゆで卵を食べました(笑)

DSC05837_RRR.JPGなんか、美しい象。



最後のてっぱんのカバ。

DSC05962_RRR.JPGこれも、双眼鏡が必要でした。

DSC05966_RRR.JPG『人間が来たから隠れよ』

DSC05993_RRR.JPG『私も!』


ここは、あんまり新しく見た動物も居ないし、動物が遠いので途中眠たくなってしまいました。

テントへ、夕方戻りました。
夜はデンマーク人のカップル、マイケルとミシェルといろいろと話をしました。
タンザニアのご飯ウガリも食べました。
明日はいよいよ、サファリ最終日です。


今日も私たちを気にかけてくれて、ありがとうございました。
良かったら、ボタンを押してくださいね!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

タンザニア、サファリ1日目.

2012.7.10.ハネムーン152日目.

サファリ1日目.
朝、朝食を済ませ、ガイドが迎えに来てくれました。
途中銀行に寄ってもらい、スーパーへ。
ここで必要な物を購入します。
一応水やジュースやお菓子を買いましたが、ご飯がしっかりでるツアーだったので、特に必要にはならなかったです。

日本人がいると聞いていたけれど、結局デンマーク人のカップル、アメリカ人の女性、スカシカ夫婦の計5名でスタートしました。

今日行くのは、タランギーレです。

DSC05507_RRR.JPGアルーシャから約2時間で到着。
駐車場にさっそく、サルがいます!

DSC05510_RRR.JPGガイドがチェックインを済ませ、公園内に入ります。
私たちのジープは、天井を取り払うシステムで、開放感がありましたが、日差しが半端なかったです。

最初に見たのはシマウマ!
きゃー!本物ー!遠くにしか見えなかったけど、感動しました。
いや〜めちゃめちゃ興奮してきました!

メンバー全員立ち上がって大興奮!

IMG_4230_RRR.JPG
次に、私が遠くにキリン発見しました!

思わず、『ジラフーーー!』と車内に叫んでしまいました。

DSC05521_RRR.JPGどこにいるか分かりますか?
草むらに隠れてるように中央に居ますよん。
お次はインパラ。

DSC05525_RRR.JPGインパラは、オス1匹にメスがいっぱいのハーレムを作ってるみたい。

お次は、象さんの大群‼

DSC05531_RRR.JPGこんなにいっぱいの象さん見たことない!

DSC05541_RRR.JPGDSC05538_RRR.JPG象さんは食欲旺盛!

DSC05543_RRR.JPG『あと、ちょっと...』

DSC05544_RRR.JPG『届いたー』

DSC05539_RRR.JPG『ガッサー!』
木の枝だってむしります!

そして、このキリンの衝撃的な瞬間を目の当たりに!

DSC05576_RRR.JPG『なぁ、いいだろ』
『嫌だって、言ってるでしょ。』
なにやら、おかしな雰囲気だと思っていると...。



DSC05571_RRR.JPG『人前でなんて、できない!そんなデリカシーのない人キライ!』


衝撃的映像でした(笑)

その後は、ヌーの水飲み場だったり、

DSC05586_RRR.JPGシマウマとヌーとバオバブのコラボとか、

DSC05591_RRR.JPGシマウマってやっぱり馬だなって思ったり、

DSC05607_RRR.JPGシマウマってなんでめだっちゃってんだろうって思ったり、

DSC05613_RRR.JPG『うるせいやい!』

さあ、お昼ご飯です。

IMG_4267_RRR.JPG

DSC05639_RRR.JPG『私に気をつけてご飯食べてね』
気を抜くと、サルがご飯を取りに来ちゃいます!

さあ、昼食後、またもや象さんの大群!

DSC05646_RRR.JPGベイビーも居ます。

DSC05673_RRR.JPGDSC05675_RRR.JPG『待っておかあさーん』

DSC05687_RRR.JPG『ボク、一緒にごはんも食べるよ』

DSC05690_RRR.JPGDSC05690_RRR.JPG『でも、まだオッパイも飲むよ』

もう、象さんに夢中!!!



DSC05713_RRR.JPG『どうせ、俺なんてみてくれないんだろ』

DSC05723_RRR.JPG『やっぱり、象さんは人気者だものねー』

DSC05730_RRR.JPG『いやいや俺の自慢の角はどうだー!』

DSC05775_RRR.JPG『私たち、結構カメラ目線しますよ』

DSC05798_RRR.JPG『私ヒヒの赤ちゃんよ』

DSC05800_RRR.JPG『こんなんもいるよ〜』

しかし、やはり人間の矛先は...

DSC05763_RRR.JPG

DSC05754_RRR.JPG象さんでしたー!

IMG_4281_RRR.JPG象さんと、パシャり!

IMG_4296_RRR.JPGここは、象さんパラダイスでした!

DSC05766_RRR.JPG『一緒に遊んで〜』



とても、満足な一日でした。
今日の寝床。

DSC05804_RRR.JPGIMG_4306_RRR.JPGDSC05646_RRR.JPG『また、ブログ見にきてね!
今日もスカシカ夫婦を気にかけてくれて、ありがとうございました』

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ビビりまくりのアフリカ初上陸。

2012.7.9.ハネムーン151日目.

早朝ダルエスサラームの空港に着いた私たちは、2枚の紙を記入し、アライバル・ビザの申請を空港で行いました。
VISAを取れば、入国審査は素通りでオッケーでした。
書類を記入し終わると、お姉さんが書類とパスポートとお金(1人US150ドル)を取りに来てくれ、その後VISAの係りの人に呼ばれ、指紋と写真を取って、パスポートを返却してもらい、終了です。
心配していた、出国の航空券の提示などなく、とてもスムーズにVISAが取得できました。

そして、いよいよ空港の外へ出ます!

IMG_4207_RRR.JPGアフリカ初上陸!タンザニア、9カ国目です!!!
ドキドキ。
たくさんのタンザニア人のツアーやタクシーの客引きに囲まれかなり、ビクついてました。
さっそくATMで、タンザニアシリングを下ろそうとすると早朝のためか、下ろせず...
ドルを少しだけ両替しました。

そこで、ツアー会社に捕まり、サファリツアーを申し込むことになりました。
だって、そこで申し込めばダルエスサラームの駅に行かずにタンザン鉄道のチケットが手に入ったし(きっと高いが)、明日からサファリへ行けるし(きっと高いが)...。

てなわけで、申し込んでしまいました。

こんな風によそを見ずにツアーを申し込んだりすることはなかなかないのですが、アフリカにかなりビビっていたのと、1日がかりの移動の疲れだと思います。
こうやって楽すると、ちょいちょいめんどくさいことが起こります。


空港のツアー会社から、直接バスターミナルへ向かい、サファリの街アルーシャ行のバスに乗せてもらいました。

IMG_4208_RRR.JPGIMG_4210_RRR.JPG発車間際によく分からず乗り込みました。
すると、いきなり『荷物代を払え』と行ってくる人が。
よく分からず、お金を渡すとその男は居なくなってしまいました。
や・ら・れ・ました!!!

よく聞く荷物代を取る詐欺です。
まだタンザニアの物価もよく分からずに、2万シリング(1000円)渡してしまいました。
アホアホでした。

しかし、落ち込んでばかりはいられません。
もうこのようなことがないように、気をつけなくては‼
アフリカだからといってビビりすぎてちゃだめだ!
そう心に誓いました。が、なかなかアフリカへの恐怖はなくなりません。

バスはダルエスサラームからアルーシャまで、約10時間。
途中は1回のトイレ休憩と、15分のランチタイムのみでした。
おしっこを我慢するのが大変でしたが、トイレ休憩のあとに瓶のジュースをくれたり、なかなかサービスのいいバスでした。

そしてアルーシャに着いたのは夜の20時過ぎ。
辺りは真っ暗です。
ツアーとかいって騙されていたらどうしよう。
誰も迎えに来てくれていなかったらどうしよう。

しかし!
ちゃんとツアーの人が迎えに来てくれていました。
良かった良かった。

アルーシャに着きそのまま宿へ送迎され、明日のツアーの説明を受けました。
夜ご飯は、外が出歩けなさそうな雰囲気の宿だったので、インドから持って来ていたカップラーメンとお菓子で乗り越えました。

明日はいよいよサファリです‼


〈インフォメーション〉
・空港内のツアー会社

IMG_4205_RRR.JPGPARADIES SAFARIS LIMITED
・今回私たちが申し込んだツアー内容
⑴ダルエスサラーム空港から、 バスターミナルまでの送迎
⑵ダルエスサラームからアルーシャまでの往復バス
⑶サファリ二泊三日(タランギーレ、マニヤラ湖、ンゴンゴロを回る。テント泊、全食事、水1.5ℓ付き)
⑷アルーシャでのサファリ前後の宿代

ひとり550ドル


⑸タンザン鉄道のダルエスサラームからカピリ・ムポシまでの予約、チケット代

ひとり60ドル


⑹サファリ後のダルエスサラームバスターミナルから宿までの送迎

2人で30000シリング


だいぶ高いと思いますので、これ以下を目指して下さい(笑)

«Prev 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12